テキスト置場

最近の見出し
主な見出し
假名遣の歴史
カテゴリー
 | 

2009-04-28假名遣の歴史 附録一 文部省の假名遣改定案を論ず

第十 動詞の終止形を長音と稱することの不合理

改定案の國語表記通則といふを見るに、ア列、イ列、ウ列、エ列、オ列の五列にわたりて、その長音といふものあり。この長音といへるものにつきてその實例を見るに体言、用言等雑駁なれば、今先づその動詞に於けるものにつきて論ぜむ。

先づウ列長音としてあげたる例中

くふ(食)すふ(吸)ぬふ(縫)おぶふ(負)ゆふ(結)くるふ(狂)いふ(言)

等はハ行四段活用の動詞にして、調査會案に「う」とかける所はその終止形(連体形)の「ふ」を書き改めたるなり。かくの如くなれば、たゞ字面を見たるのみにては「う」と「ふ」との差のみの如くに見ゆれど、その説明を見れば、甚しき不合理の存するを見る。何となれば、吾人の見る所を以てすれば、この「ふ」はその用言の一活用形にして、音としては一個の音の価値を有するものなり。されば「くふ」「すふ」「ぬふ」「ゆふ」等の二音より成れる語にして、その「ふ」は事實上「う」と發音せられてあるは勿論なれど、その「くふ」「すふ」「ぬふ」「ゆふ」は「く」「す」「ふ」「ゆ」の長呼音にはあらず。又「おぶふ」「くるふ」は三音の語にして、その「ぶふ」「るふ」は二音にして「ぶ」「る」の長呼音にあらぬは明らかなり。これらの事実は明白なる事にして何人も否定し得べきものにあらず。然るに國語調査會はこれらをすべて一の長音とせり。長音といふことは世人には軽々しく見過され易きか知らねど、これは一音にして二音にあらぬことを言明せるものなり。かくてこれらが二音にあらぬことを言明せる確証は「いふ」を「ゆう」と改むべしといへるにても明らかなり。

今若し國語調査會の如く、これらを二音にあらずして一の長音なりとせば、これの動詞の活用は如何にして説明せられむとするか。殊に甚しきはかの「いふ」なり。國語調査會の案によらば、「いふ」は

未然形 連用形 終止形(連體形) 已然形(命令形)

いわ  いい  ゆう       いえ

とせむより外なかるべし。かくの如くにしてわが國語は甚しく不規則なりとせらるゝに至らむ。「いふ」の「ふ」が「う」の如くに發音せらるゝことは事實なり。又その「いう」が「ゆう」の如くに聞ゆるも事實なり。然れどもこれ「い」と「う」との相互の影響による臨時の現象にして、これを以て全く假名を改めて言語の組織を破るべきものにあらず。

次にオ列長音としてあげたる例中

うけおふ(請負) あらそふ(争) おもふ(思) まよふ(迷)

の數語も亦ハ行四段活用の動詞にして、調査會案に「う」とかける所はその終止形(連體形)の「ふ」を書き改めたるものなり。これも亦唯字面のみを見れば、単に「う」と「ふ」との差のみの如くに見ゆれど、この説明を見、又その實際を察すればウ列長音の例中にあげたるものよりも一層不合理なるを見るべし。先づこの「うけおふ」「あらそふ」「おもふ」「まよふ」等の「ふ」は本來一音たるものにして、これが「う」と發音せられてもなほ一音たることを失はず。然るに調査會案はこの「う」をばオの長音符として上の「お」「そ」「も」「よ」の長呼せらるゝものとせり。これ一方に於いては二音を一長呼音とせることの既に述べたる如き不理をなせると共に、これが眞に「お」「そ」「も」「よ」の長呼音なりとせば、「う」を書けることの不条理なるを思はずばあらず。かくてそれらは發音上明白に長呼して

うけおー あらそー おもー まよー

と呼ばざるべからざることゝなるが、かくの如き発音をこれらの語に實際なす人ありや。吾人はこれを知らざるなり。加之これが、眞に長音ならば、「う」をかくは人を迷はすものにして、既に述べたる如くに「お」をかくべき筈のものなり。されど吾人はこれらすべてを否定し、たとひ表音的にすとも、それらは「う」をかくべきものとして、その「う」は長音符にあらずして一音たるを失はぬものなることを主張す。

抑も假名遣といふものは何を目的としてあらはれたるものなりとするか、たゞ發音を忠實に記載すれば足れりとするものなりや。単に發音のみを機械的に記述する目的ならば聲音學的記号によるを可とせずや。されど假名遣は言語の記載をなすものにして、單なる聲音の記載にあらず。この故にこれが記載の方法は國語の法格に依拠してその範圍内に於いてなるベく發音に近きを求むるはもとより妨なしとす。然れども發音のまゝ記すと称して國語の法格を破壊せむが如きは断じて容すべからず。

かくてこの問題は「ふ」を「う」と改むるといふが如き一の文字の置き換へに過ぎざる如き小問題にあらずして、既にいふ如く、この「う」は長音符としての「う」なれば、「くふ」「すふ」等が二音なりや。又「く」「す」等の長呼の一音なりやといふ學理上の大問題をも含むものなりとす。吾人は國語の語幹と語尾との關係よりして、それが二音たるべきことを信ずると共に、それが聲音上にも現實に二音たるものにして、表音的に「う」とかくとしてもそは「う」にて一音をなすものなるを主張す。

この點に於いて國語調査會がその説を主張せむには、語法上の問題と發音上の問題との二重の點に於いてこれが合理的事實的なることを立証して、吾人をして首肯せしむべき責任を有するものなり。

かく論じ來りて、その改正案の國語假名遣の部の第六を見るに「うに發音されるふはうに改める」とある例に

あらう(洗ふ) まう(舞ふ) やとう(傭)

といふものあり。これによればその「う」は「ふ」の変化せるものにして、これにて一音をなすと認めたること明かなり。而してこれらの「ふ」はハ行四段活用の動詞の終止形の「ふ」なること明かなり。然るに既に述べたる如く「ウ列長音に發音されるもの」といへる第九には

くう(食ふ) すう(吸ふ) ぬう(縫ふ) おぶう(負ふ) ゆう(結ふ) くるう(狂ふ)

「オ列長音に發音されるもの」といへる第十の例中には

うけおう(請負ふ) あらそう(争ふ) おもう(思ふ) まよう(迷ふ)

といへる例あり。これらの諸例の「くう」「すう」等が長呼音にあらずして二の音たることは既に論ぜし所なるが、今國語調査會はその第六の例に於いて吾人が論ぜし如く、二音と認めたる証を残せり。然るに一方に於いては同様のものを長呼の一音とせること上の如し。見よ。

あらう まう やとう

の場合には「らう」「まう」「とう」が二音にして

くう すう ぬう おぶう ゆう くるふ うけおう あらそう おもう まよう

等の場合には、同じハ行四段活用の終止形にして、それらの二字が一音たるの理由果して存するか。ことに

  やとう

の場合

  うけおう あらそう おもう まよう

の場合と共に終止形の「ふ」の変形せる「う」にして、上の音が共に「オ」列の音なるに、一方は二音にして一方は一音なるの理由は、吾人の如何にしても首肯し得ざる所なり。これを以て察するに、國語調査會のこれらの音韻の説明はたゞ一時の思ひ付きにして深き根柢なきものにあらざるなきかを疑ふ。

 | 

2004 | 08 | 09 | 10 |
2009 | 03 | 04 | 05 |
2099 | 01 |

正字正かなバナー

舩木直人(funaoto@hat.hi-ho.ne.jp)